日欧共同研究開発プロジェクト「ClouT」 ICTを活用して新たな街づくりを

NTT東日本

さまざまな技術・経験・ノウハウを持った自治体・大学・企業を巻き込み、さらには欧州の団体とも連携して、「IoT(モノのインターネット)」と「クラウド」という最新の技術を活用した新しい街づくりに挑戦する日欧共同研究開発プロジェクト「ClouT」。それは、人々がより暮らしやすくなる世界を生み出すために、国境を越えてさまざまな価値観・アイデアを妥協なくぶつけ合い、新しい世の中のあり方を模索し、創りあげていこうというプロジェクトです。“イノベーション”の最前線と “前例なき前例”を創りだす仕事がそこにあります。

あらゆるヒトやモノがつながり、良い影響を受け合う街づくりの実現

現代の都市は、エネルギー管理の効率化、経済成長と開発、生活の質と安心安全など、さまざまな課題に直面しています。公的な立場から日本の情報通信産業の発展を目指す情報通信研究機構(NICT)から任され、現在、NTTが取り組んでいる日欧共同研究開発プロジェクト「ClouT」では、「IoT(モノのインターネット)」と「クラウド」を融合するネットワークサービス基盤技術の研究開発を推進し、現代都市が直面するそれらの課題を解決するスマートシティの実現をめざしています。
「IoT(モノのインターネット)」とは、いままでインターネットに接続される事のなかったモノがインターネットに接続されていく概念のこと。モノに各種センサーを取り付け、センサーから取得した情報を、ネットワークを通じて収集・処理し、その結果を人やモノにフィードバックする技術です。街のあらゆるものをセンサーとして、さまざまなデータをクラウド上で結びつけることで、都市リソースの最適化や、住民の行動を支援するスマートシティサービスなど、きめ細やかな新しい発想のサービスを生み出すことも夢ではありません。

「ClouT」プロジェクトにおけるスマートシティ

「ClouT」プロジェクトは、その夢を夢で終わらせないために、国境を越えてさまざまな価値観・アイデアを妥協なくぶつけ合い、新しい世の中のあり方を模索し、創りあげていこうという日欧共同のプロジェクトなのです。

欧州チームとともに、新しい世の中のあり方を模索

新しい未来をカタチにするために、日欧共同による前例のない挑戦は、すでに研究・開発した技術を実際の都市でフィールドトライアルするフェーズに入っています。現在、日本では東京都三鷹市、神奈川県藤沢市、欧州ではスペイン・サンタンデール市、イタリア・ジェノバ市の計4都市と連携して、実際の地域課題に取り組む実証実験を進めています。たとえば、三鷹市では、高齢者の「健康促進」「孤立の予防」に役立つサービスや、藤沢市では、「観光客おもてなし」「商店街活性化」「安心安全」など、より充実した観光環境の実現をめざすサービスの実証実験に取り組んでいます。さらに日欧双方のスマートシティに関わる経験、技術を組み合わせることで、グローバルで適応可能なネットワークサービス基盤を実現していきます。

ページ先頭へ