グループのグローバルビジネスを加速 Cross-Selling
to Global Customers

NTTコミュニケーションズ NTTデータ Dimension Data

NTTグループは、世界中のお客さまのニーズに応じて、グローバル・クラウドサービスを中心とした多様なICTサービスを全世界で提供できる体制の強化を進めています。M&Aを効果的に活用して多くの海外企業をNTTグループに迎え入れるとともに、NTTグループの総合力を結集したサービス開発・提案営業を推進するなど、グループ会社間の相互連携に努めています。また、グローバルビジネスでのクロスセル(グループの連携による受注)によるトータルソリューションの提供に注力してきた結果、世界的優良企業や政府機関からの受注も増えてきています。海外売上高は2008年3月期の20億ドルが2016年3月期には約156億ドルまで拡大し、NTTグループの成長を牽引しています。

グループ会社間の連携によるクロスセルの推進

米国のオンプレミスからクラウドサービスへのマイグレーション案件など、グローバルビジネスにおけるクロスセルは、3年間で約10億ドルの受注を獲得しています。グループ各社が互いに顧客を紹介し連携するなどして、各社だけではカバー仕切れなかったお客様のニーズに応え、受注に至る案件が増加してきています。
こうしたグループ各社のシナジー効果を発揮して受注・提供した具体的事例をご紹介します。北米では、8万マイルに及ぶ道路・航空・鉄道等公共交通機関の整備をミッションとしておりIT部門を一層ダイナミックで迅速な組織へ変革したいと考えていたテキサス州交通局に対し、NTTデータ・Dimension Data・Solutionaryの3社が連携して、クラウドを活用した広範囲のICTソリューションを、安全に・包括的に提供しました。欧州では、英国財務省からサービスの効率性や高い品質を評価され、クラウドホスティングサービスや、アプリケーションの再構築などを支援しています。また、アジアでは、NTTコミュニケーションズとDimension Dataが、世界17カ国でビジネスを展開するマレーシア最大の銀行Maybank社のサービスの向上と拡大を図る新データセンターの構築を成功させ、現地メディアにも取り上げられました。

主なクロスセル受注実績

ICT戦略パートナーとしてお客様のビジネス変革や価値向上を支援

現在、NTTグループでは、グローバルビジネスにおけるクロスセルによる顧客ニーズへの対応、および受注のさらなる強化のため、 “Global Account Management Program”という名称で、金融・保険・製造等、十数社のマルチナショナルカンパニーに対し、NTTコミュニケーションズ、NTTデータ及びDimension Dataの3社を中心としたグループ会社による協同提案を行っています。加えて、各地域のリージョナルカンパニーに対しても同様にグループ会社間の連携を強化し、グループとして更なる受注案件を創出していきます。NTTグループはこれからも、ICT戦略パートナーとしてお客様のビジネス変革や価値向上を支援していきます。

ページ先頭へ